インスタグラムのアカウント削除に気を付けろ!

パソコンの前に考える女性

日々の何気ない一瞬や仕事の宣伝など様々な写真を掲載する事ができるインスタグラムですが、楽しく利用できるのはアカウントがあるからこそです。
しかし、ときには自分で退会してもいないのにアカウント削除が行われてしまうことがあります。
その理由はなにかというと、インスタグラムの利用規約に違反してしまった可能性が考えられます。
というのもインスタグラムの利用規約では規約に違反した人のアカウントをペナルティとして削除することができるということが記載されているからです。
インスタのアカウント削除の注意点について見ていきましょう。

利用規約で問題とされるような行為が禁じられているのかというと、ヌードや誰かに暴力をふるっている写真など「差別的」「不法的」「侵害的」「ワイセツ的」「性的」に露骨な写真やその他のコンテンツを掲載する事はできません。
誰かの名誉を傷つけたりストーカー行為のような写真を掲載することや、気に入らない人の住所を掲載するなど個人情報の漏洩、会社の社外秘情報のような機密情報の漏洩なども行なうことが禁じられています。
アカウントやフォロワー、ユーザーネームを売買で誰かに譲り渡すようなことは禁止されています。
フォロワーが少ないからといって、そういったサービスを提供しているサイトを決して利用してはいけません。

インスタグラムに正しい方法ではない方法でのアクセスをすること、例えばハッキングによって著名人のアカウントにログインしたりすることは出来ません。
自分が販売している商品やサービスを売りつけるためであったり、嫌がらせをするためにコメントやメールを送りつける「スパム」行為も違反です。
インスタグラムを通じてウイルスの拡散をするような行為も出来ません。
他にも同好の士が集まる各コミュニティで決められたルールに違反したときにもアカウント削除というペナルティが行われることもあります。

では、こういった規約違反をインスタグラムは逐一把握しているのかというと、膨大な数のユーザーがいるわけですから目が届かない部分もあります。
そこで行われているのが他のユーザーからの通報です。
規約違反と思われるような迷惑行為があった場合に通報が行われます。
通報は問題のアカウントの投稿などを通じて「報告」をして「スパムである」「不適切である」という理由を選択して送ります。
とはいっても間違いや嫌がらせで通報されることもあるので、よほど規約違反が明らかでない限りはアカウント削除になることはありません。
万が一削除されてしまったときには、アカウントの復活はできないのでまた作り直すことになります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ